獣人さんとお花ちゃん ネタバレ12話 無料で試し読み

獣人さんとお花ちゃん(TL)

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
ebookjapan(イーブックジャパン)ならクーポン利用で漫画がお得に読めますよ。

↓ 公式サイト右上のクーポンを使ってお得に「獣人さんとお花ちゃん ネタバレ12話」を読む ↓

獣人さんとお花ちゃん ネタバレ12話

サナティと花は天気の良い日に屋上で話している。

洋服は二人とも半そでで、気持ちのいい日だ。

家事の途中で洗い物を持っており家の仕事もテキパキこなしている。

サナティは首をさすっていて、ネックレスを付けようとしている姿に自分が付けようと花が言っている。

すぐにサナティは頼むというように花の言うことに従っている。

サナティの後ろ側に回って、座ってもらうようにしている。

警備隊の人は部隊の番号から名前が刻んである四角い硬いネックレスをみんなつけている。

それを首に下げることが決められています。

そのネックレスをかっこいいという花だが大人しくサナティは聞いている。

そこでサナティに思うことがあり聞きたいことがあった花でした。

それはサナティは警備隊を一度休んでいた時があるということだったが何で休んでいたのかを聞きたい花だったがネックレスの小さい輪っかをくっつけながら思っていた。

でも何か理由があるのかそれとも何でもないのか気になるがどうしてかなと思っている花。

花はそう思いながらその様子にサナティが後ろに立っている花にもうできたかなと聞いている鼻を上にあげて花のことを気にしている。

そのサナティの上から花はのぞき込むことで額がサナティの鼻に当たる。

出来ましたと言う風に答える花に座ったままで逞しい左手で花の首をこちらに引き寄せる形でキスをする。

大きな腕に包まれるように花は下向きにサナティを見ながらされるがままにしている花。

ありがとうと花に対して優しく言ってキスを大事にしている感じだ。

そんなサナティの様子にまた今度警備隊の求職の理由は聞けばいいかなと思う花。

窓には猫のマークやヒマワリの絵が張り付けてある。

花はみんなの前に立っている。

ひまわり組のクルト先生。

サクラ組は自分がと言い、一緒に遊ぶことになりました。

そして名前の入ったワッペンを持っている。

花は幼いみんなに座って説明をしていますが、廊下にもたれかかるように立っている女性。

その女性はみんなのことを怖いものから守ってくれるとい言い、すぐに来てくれるのよと話している花。

みんなはそのお姉さんを見ている。

そのお姉さんはTシャツでかっこよくきめていて、そしてボブカットの黒髪で首に警備隊のネックレスをつけている。

警備隊第三部隊の副長のタツキだと名乗る女性。

そのタツキはかっこいい感じで子供たちみんなに大はしゃっぎをしてからケガとかしないようにするんだよと少し男っぽく言う。

部屋にいる子供達と花は安心感で大きな声でタツキの言った言葉に反応するように返事をしている。

そこで子供たちは手をあげたりしてタツキに対して嬉しさをアピールしている。

花も警備のタツキがいれば安心だわーという風に満面の笑顔で優しい顏付きになっている。

はーいと手を挙げている子供の手が合同のクラスで馴染んでいない子に当たるとケンカがはじまる。

腕が当たるわーと言って一人はシャーっと猫の威嚇をしている。

それに対して腕を当てた方もこれくらでと少しではないかと怒っている。

そこで大事にならないうちに花はすぐにケンカをしている二人に近くに行って二人を花は両手に抱きしめる。

アル君とアズミちゃんを捕まえて止める形でやめましょうと言い聞かせる。

そうしているうちにやはり合同ということでみんないつもと違う環境に置かれてしまうことで不安になってしまいケンカが違う所で始まる。

花にたいしてあっちでもケンカをしていると言ってくる。

人数が多くなってしまったことで子供たちの争いになってしまう。

獣人との種別の違いということもあるのです。

種別の住む地域が違うのです。

種族違いの恋愛もあったようだが、それは禁じられていたので別れさされたカップルも多かったということだ。

でもその壁をとっぱらってくれたのが実はサナティだったのです。

そのせいでサナティも警備隊を休んでしまうことの原因を作ってしまったということでした。

今では恋愛も種族の違いでも許されています。

サナティのその自分を犠牲にした精神の高さを素晴らしいと思う花。

またサナティを惚れ直す。

でもその時にサナティにもそういう相手がいたことを知ることになるのです。

花は発情期のサナティとはじめての関係の時の事を思い出す。

サナティはもしかして浮気をしたのではと思う花。

でも花の他には誰もそういう人はいないとはっきりとサナティは宣言する。

みんなのいる中で聞いた花は恥ずかしい。

みんなに良かったと言われるのでした。

サナティは花に自分を疑った罰として花の体を激しく可愛がってあげます。

サナティの逞しい身体に身をゆだねる花でした。

獣人さんとお花ちゃん 12話をお得に読む方法

今回は獣人さんとお花ちゃん 12話を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがebookjapan(イーブックジャパン)

ebookjapan(イーブックジャパン)ならクーポン利用で漫画がお得に読めます。

↓ ↓ ↓ 公式サイト右上のクーポンを使ってお得に「獣人さんとお花ちゃん 14話」を読む ↓ ↓ ↓

獣人さんとお花ちゃん 12話の漫画の感想

花のサナティを思う気持ちがすごく表れています。

古きよき時代の女性を感じます。

サナティの逞しい身体つきが印象的で花をすごく心から愛している様子を感じます。

それに警備隊の求職の原因を知り、また惚れ直してしまう花。

尊敬すべき相手のサナティの存在が大きいと思います。

でも浮気を少しでも疑ってしまったのでそれでサナティに男女の関係で喜ばせてもらい幸せな花です。

大好きな相手に抱かれる喜びは女性としては嬉しいと思います。

獣人と人間の真心の愛はこの物語でしか見れないので面白いです。

タイトルとURLをコピーしました