カラミざかり ネタバレとあらすじ感想 漫画最新刊2巻 前編を試し読み

カラミざかり(メンズ)

※ここから先はネタバレも含みますので、前巻を読んでいないならばまずはコチラから↓

カラミざかり 1巻 ネタバレとあらすじ感想 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐにお得に絵つきカラミざかりが試し読みできますよ。

U-NEXT(ユーネクスト)で「カラミざかり」を無料で試し読みする

カラミざかり 登場人物

山岸高成

童貞の男子高校生で、おとなしくて優しい性格。密かに飯田里帆が好きで、彼女とのエッチを想像してオナニーしているものの、実際はなかなか本人に迫ることができない控えめな性格。

吉田貴史

お調子者の男性高校生で、セックスに非常に前向き。

高校生ながらオナホを購入するなど、性に対して非常に積極的で明るい人物。結構絶倫。

新山智乃

明るく快活な性格の女子高生。性に対しても積極的。

男性を喜ばせるのが大好きである。非常に派手に見えるが、前作までは彼女も実は処女だった。

飯田里帆

清楚・黒髪でおとなしめの女子高生。

山岸高成が自分を好きなことをなんとなく察している。

性に関しては人並みの興味をもっているものの、見た目通りに処女でありエッチの経験はない。

たまにオナニーはする。

カラミざかり 漫画1巻 のあらすじ

吉田貴史がオナホを買ったから見に来いと、山岸高成を自分の家に誘ったのだが、ひょんなことから、新山智乃と飯田里帆も自分たちにも見せてくれと言ってきて、放課後、4人で吉田貴史の家に集まることになった。

最初は吉田貴史が買った、オナホによるオナニー鑑賞だけのはずだったが、興奮した吉田貴史が新山智乃を押し倒し、2人が急にエッチを始める。

山岸高成と飯田里帆はどうしたらよいかわからず、二人のエッチを呆然として見つめていたが、それを見ていた吉田貴史が、飯田里帆を無理やりベッドに引きずり込み、飯田里帆へひそかに思いを寄せる山岸高成の目の前で、飯田里帆の処女を奪ってしまう。

カラミざかり 漫画2巻 前編のあらすじ

「昨日は最高だった、興奮したな。」
四人が吉田貴史の部屋でエッチした翌日の学校、山岸高成を見つけた吉田貴史が話しかけてきた。
「ベッドに血が付いてたんだよ、あの血って二人のうちどっちのかな?、母親にごまかすの本当に大変だったよ、鼻血が出たことにしておいたよ。」
吉田貴史が、デリカシーなく昨日のことを大きな声でまくし立てた。
「声が大きいでしょ。」
吉田貴史が興奮気味に話してるのを聞いた新山智乃が、彼をたしなめた。
だが、昨日のことを思い出し、山岸高成の頭には、飯田里帆が吉田貴史とエッチしていたシーンが鮮明によみがえってくるのであった。
授業中も、山岸高成は飯田里帆のハダカばかりが頭に浮かんでしまい、全く授業に集中できかった。

その後、体育の授業で水泳の時間になる。
授業の前の休み時間に、吉田貴史が新山智乃と、なにやら二人でこっそり話をしていた。
いざ水泳の授業が始まると、なぜか吉田貴史と新山智乃の姿がプールに見当たらなかった。

なんと、男子トイレで新山智乃はスクール水着の股間部分を巧みにをズラされ、吉田貴史にバックで激しく後ろから突き上げられていた。
新山智乃の快感が最高潮に達しようとしたタイミングで、吉田貴史は新山智乃に尋ねた。
「昨日、高成の精子、飲んでたよね。」
「うん、飲んだよ。」
「俺のも飲んでくれよ。」
新山智乃がそう返事をすると、後ろから突き上げていたあそこを抜いて、新山智乃口に咥えさせて、そのまま口内発射した。
口内の精子を新山智乃は吉田貴史に見せた後、ごくんと精子をしっかり飲み込んだ。

放課後になり、吉田貴史はまた三人を家に呼んでエッチすることを呼びかけた。
吉田貴史と新山智乃のは昨日と同じ経験をしようと計画していたが、飯田里帆と山岸高成もなんとなくついて行ってしまった。

吉田貴史の家に着いた4人はお互いのパートナーを決めようとした。
「相手はどうする?」
吉田貴史は学校でさっき新山智乃とすでに一回戦を終えており、飯田里帆とエッチしたいと希望していたが、
山岸高成はその時、好きな飯田里帆とエッチがしたかった。
「飯田としたいって言わないと、、、」と山岸高成心では思っているものの、声に出すことができなかった。

その時、新山智乃が突然話に割って入った。
「とりあえず、私と貴史でエッチしようよ」
新山智乃は山岸高成の気持ちを尊重して、飯田里帆とエッチできるようにしてくれたのだ。

昨日に引き続き、先にエッチを始める吉田貴史と新山智乃。
目の前でエッチを始めた2人を見て、急に恥ずかしくなり、どうしていいかわからない山岸高成と飯田里帆。二人はなぜか視線をそらしてしまう。
「僕から行かないと」
ついに、山岸高成は勇気を出して、華奢な飯田里帆を抱きしめて優しくキスをした。

そして、二人がエッチを始めようとしたとき、吉田貴史が突然声をあげ、奇妙なことを言い出した。
「王様やってみたいんだ、飯田、ちょっとこっち来て手伝ってよ。2人でこれ舐めてよ」
吉田貴史は勃起した自分のあそこをてアピールして、2人同時にフェラしてくれるようにお願いしたのでした。
吉田貴史と新山智乃がいるベッドに、いわれるままに飯田里帆は向かってしまった。
「せっかくこれからだったのに」
山岸高成は飯田里帆を抱きしめたものの、それ以上は何もできていなかった。
吉田貴史に言われるまま、あそこを口に含む二人。それを見ながら唖然とする山岸高成。

「うわっ、やばい、気持ちいいわ」
あそこを2人同時にフェラされて、吉田貴史は興奮が最高潮になっていた。
飯田里帆は吉田貴史に指示されるまま、ベットの上で四つん這いになり、お尻を突き出しで一生懸命にあそこを舐めていた。
そんな飯田里帆の姿をみた山岸高成は、再び徐々に興奮が高まり、さらにあそこが固く勃起してしまった。
そして、山岸高成は机の上に置いてある買ったばかりのコンドームに気付いた。
もうこれ以上我慢なんで出来なくなった山岸高成は、その机の上にあったコンドームを装着し、ついに飯田里帆のパンツを脱がした。

無防備な状態で四つん這いになり、飯田里帆のあそこが丸見えになってしまっていた。

山岸高成は、勃起して硬くなったあそこを手で握り、飯田里帆に無理矢理押し込んでいこうとした。
興奮と欲望で、呼吸が徐々に荒くなっていく山岸高成。
すこしでも早く入れたいのに、なぜが飯田里帆のあそこに入らない。その時、
「少し痛い」
まだ準備ができていないあそこに強引に押し込まれて飯田里帆は痛みを感じていたのであった。

「ちょっと待てよ高成、まだ濡れてないんだろ。俺が今から濡らして挿入できるようにしてやるから。」

山岸高成の目の前で飯田里帆のあそこを開き、そのまま顔を埋めて吉田貴史はあそこを舐めた。
「飯田、おまえもおれのあそこを舐めてくれ」
目の前で飯田里帆が吉田貴史にあそこをを舐められながら、逆に吉田貴史のあそこを咥えてる姿を見せつけられてしまった。

そのシチュエーションに感じてくる飯田里帆。
「そろそろいいぞ」
吉田貴史クンニされて、飯田里帆のあそこはベチョベチョに濡れ、挿入の準備は充分できていた。
今まで、飯田里帆を好きで、彼女とのセックスを想像しながら、何度もオナニーしてきた山岸高成は、
ようやく念願の飯田里帆のあそこにバックからに挿入することに成功した。

カラミざかり の最新刊を無料で試し読みする方法

今回は カラミざかり を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。

▼U-NEXT(ユーネクスト)でカラミざかりの最新刊をお得に楽しむ▼
※無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
電子書籍

カラミざかり 最新刊1巻の漫画の感想

吉野貴志は嫌い、と感じている人もいると思います。

新山智乃が、山岸高成と飯田里帆がセックスできるように配慮してくれたのに、なんで邪魔するのでしょうか。

悪意があるタイミングで飯田里帆を呼んだりします。

残酷さを感じるのは仕方ないかもしれませんが、頑張れない高成にも問題はあると思います。

ただ、寝取られ作品としては、無邪気な吉野貴志は非常によりスパイスになっていると思います。

もちろん山岸高成も飯田里帆とセックスはできます、ただ、表情がなんとも言えず苦しさを感じます。

桂あいり先生の作品らしく、キャラクターに色んな感情が出て、とても興奮できる作品に仕上がってます。

後編では夏祭りなど、作品が急展開します。ぜひ皆さんにも引き続き後編を楽しんでほしいです。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

カラミざかり ネタバレとあらすじ感想 漫画最新刊2巻 後編を試し読み

ユーネクストでもうお得に漫画を読んでしまったあなたに|もう一つお得に漫画が読める方法をご紹介

ユーネクストの他にもう一つおすすめのサイトがebookjapan(イーブックジャパン)

ebookjapan(イーブックジャパン)ならクーポン利用で漫画がお得に読めます。

↓ ↓ ↓ 公式サイト右上のクーポンを使ってお得に「カラミざかり」を読む ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました